日语学习材料第67期

『会社法』第28条の規定により、発起人の出資方式場合、本法第27条の規定に。

7.ABC〕〔解析による『会社法』第8条第2項の規定により、本法に設立された株式有限会社は、必ず会社の名称中株式会社や株式会社の文字。Cの正しい。

「会社登記管理条例》の第15、16条の規定は、株式有限会社を設立し、全体の発起人は、指定の代表や共同委託の代理人が会社登記機関に事前承認申請の名称。事前承認申請の名称は、提出は株式会社の発起人全体の会社名をあらかじめ署名許可申請書、株主又は発起人の法人の法人資格証明又は自然人の身分を証明する。事前承認の社名保留期間は6ヶ月。事前承認の社名は保留期間内に用いてはならない経営活動に従事し、譲渡できない。これで分かるABが正しく、D項目のエラー。

8.BCD〕〔解析による『会社法』第87条の規定は、目論見書付き制定の発起人は、会社定款を明記下記事項:(1)発起人が引き受ける株式数、(2)1株当たりの額面金額と発行価格;(3)無記名株券の発行数(4)募集資金の使途;(5)株式引受人の権利、義務。(6)今回の初期状態の調歩期限及び期限切れ未公募株式引受人が足に引き揚げ認株式の説明。目論見書いらない明記発起人の名称又は氏名及び関連証明書類、A項が排除されなければならない。

9.ABCD〕〔解析による『会社法』第90、91条の規定は、株式の発行株金の全額が払い込ま後、発起人は、株金の全額が払い込ま日から30日以内に召集会社創立大会。発起人は、創立総会開催15日までに会議の日取りは各株式引受人又はこれ公告。創立総会のあるべき代表株式総数の過半数の発起人、株式引受人が出席し、侧で。創立総会が職権を行使する決議を経なければならない、会議に出席した株式引受人が保有する表決権の過半数を通じて。ABCDの四つの記述は法律の規定に合緻するので、正しいオプション。

10 . AD〔解析〕『会社法』第101条の規定により、株主総会開催年次総会は毎年1。次の各号に掲げる事由の1つは、2ヶ月での臨時株主総会:

(一)の取締役の数は足本法の規定人数又は会社定款所定人数の3分の2時、

(二)会社の損失を达实し未資本総額3分の1時、

(3)が単独で、又は合計10パーセント以上の株式会社の株主の請求、

(4)の取締役会は必要な時には、

(5)監事会の開催に提案、

(6)会社定款所定のその他の状況。

第103条の規定により、株主総会を開催会議は、会議の時間、場所や審議事項は会議が開かれて二十日までには各株主;の臨時株主総会は、会議開催の十五日までに各株主;無記名株券を発行する場合には、30日まで開かれ、議公告会議の時間、場所や審議事項。

Word文档免费下载Word文档免费下载:日语学习材料第67期 (共5页,当前第1页)

日语学习材料第67期相关文档

最新文档

返回顶部